2008年01月20日

メタボリックっていったい・・・


(もも)「ねえねえ、最近益々太ったんじゃない?
     めたぼりっくん、って呼んでもいい?
     陸くん。」

(めたぼりっくん)「ふざけんなよ。デブで悪いか?
          差別用語使うなよ〜。俺は、
          太っていても、元気なんだよ。
          筋肉太りなんだよ。昔の姿を
          知ってんだろ?」

(もも)「知ってるよ。サッカー少年のころはね。
     今はさ、どっちかというと、サッカーボール・
     うひゃひゃひゃ!!」

(めたぼりっくん)「もも、俺が太ってて何か迷惑掛けた?
          いいんだよ。元気なんだから。」

(もも)「そうやって突っかかるのが怪しい。やっぱ、
     気にしてんじゃん。サッカー少年の時のように
     がつがつ食べて、今は運動もしないから
     そうなるんだよ。

     死の4重奏って知ってる?」

(めたぼりっくん)「さあな。」

(もも)「肥満は死の4重奏と言われてるの。糖尿病
     高血圧、高脂血症、これらの、死亡率は、
     肥満で無い人に比べて30倍以上も高くなる
     ってわけ。

     デブは30倍死亡率が高いの!!解った?」


(めたぼりっくん)
     「まじで・・・・・・・・・。」





<メタボリック・シンドローム診断基準>

ウエスト周りが男性の場合85cm以上、
女性の場合90cm以上です。

加えて、高脂血症、高血圧、糖尿病

これらの項目の内2つ以上該当すると

メタボリック・シンドロームと診断されます。




肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病などの
いわゆる生活習慣病。
これらは、それぞれが独立した別の病気ではなく、
肥満ー特に内臓に脂肪が蓄積した肥満
(内臓脂肪型肥満といいます)
が原因であることがわかってきました。
このように、内臓脂肪型肥満によって、
さまざまな病気が引き起こされやすくなった状態を
『メタボリックシンドローム』
といい、治療の対象として考えられるようになってきました。




あなたも『メタボリックシンドローム』ではありませんか?
体のどの部分に脂肪がつくかによって、肥満は2つのタイプに分かれます。

@下腹部、腰のまわり、太もも、おしりのまわりの皮下に脂肪が蓄積 するタイプを「皮下脂肪型肥満」→洋ナシ型

A内臓のまわりに脂肪が蓄積するタイプを「内臓脂肪型肥満」とよび
 ます。→りんご型


「内臓脂肪型肥満」は外見ではわからないことがあります。
内臓脂肪型肥満を簡単に調べる方法として、
ウエスト径(へそまわり径)が男性では85cm以上、
女性では90cm以上であれば、内臓脂肪型肥満が疑われます。
これは肥満というより肥満症と考えた方が良いかもしれません。
あなたのウエストサイズは大丈夫ですか?



ウエスト径の正しい測り方は、へその周りを測ります。またメタボリック・シンドロームの人は、40歳以上では3人に1人とも言われています。

特に肥満気味の人は要注意です。
内臓脂肪は比較的容易にたまるものの、容易に燃焼することができるので、日々の食事や運動を心がければ減らすことは十分に可能です。
死の4重奏などという物騒な言葉は
気にならなくなりたいものですね。
posted by めたぼいん at 21:34| Comment(0) | TrackBack(1) | メタボリックとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。